Dolphin Dream Team

イルカと遊ぶ

私たちと一緒に遊び、ドルフィンコミュニケーションのマジックを体験しましょう!

イルカと戯れる、海の中心への忘れられない旅に出る準備はできていますか? ドルフィン・エクスペディション・クルーズに参加すれば、この壮大な海の生き物を間近で見ることができる!

きらめく波をクルーズしながら、イルカが奏でるメロディアスなシンフォニーに魅了されることだろう。 耳を澄ませば、広大な水面に響き渡る彼らの口笛が聞こえるだろう。 それは言葉を超えた言語であり、水面下にいる者だけが真に理解できる秘密の会話なのだ。

しかし、それだけではない! イルカはその驚異的な反響探知能力で有名だ。 想像してみてほしい。エコーロケーションの穏やかなカチカチという音が空気を満たし、海のリズムと共鳴する水中シンフォニーを奏でる。 かすかなハミングのような感覚や、言葉では言い表せないような、この驚くべき存在とあなたをつなぐピリピリとしたエネルギーを感じるかもしれない。

バンダナで遊ぶ

バンダナキープアウェイといったところか! イルカは一度バンダナを手にすると、なかなか返そうとしない。 ペックフィン、尾ビレ、口、そして背ビレにも付着している。 バンダナを人間から直接受け取るのは、キャプテン・スコットのように信頼できる人間に親しんでいる少数のイルカだけだ。 たいていの場合、バンダナを水中で落とし、イルカに拾ってもらう時間を稼ぐために後ずさりしなければならない。

この遊びはイルカが人間に教えたものだ。 彼らは自然に海藻を拾い集め、ヒレに乗せて持ち歩き、時には追いかけ回したり、行き来したりする。 また、イルカと一緒に海藻を持ち運ぶこともしばしばあったが、1992年、スコット船長はついに2頭のオスイルカ、ブラックスポットとホワイトスポットから信頼を得て、イルカと一緒に行動することを許された。 2頭のイルカと1頭の人間が、海藻の受け渡しをしていた! 野生のイルカと人間の決定的なゲームが始まったのだ。 やがてキャプテン・スコットがバンダナを持ち込むと、イルカたちは大喜び。